注目キーワード
短答試験お疲れさまでした
CATEGORY

知財判例

  • 2021年7月15日
  • 2021年7月15日
  • 0件

「夢」事件(平成31年(ワ)第8117 東京地裁R03.06.28)

最近の知財判例から。 原告Xは「広告及び宣伝業,印刷物の企画及び製作販売,出版物の編集,製作,発行販売等を業とする株式会社」です。 被告Yは「酒類の製造及び販売,観光用土産品の販売,農水産物の加工販売,清涼飲料水,嗜好飲料及び食料品の販売等を業とする株式会社」です。 原告Xは「夢」(標準文字)、指定商品「日本酒」の登録商標を有しています。 被告Yは日本酒に「夢」と印刷されたラベルを日本酒の瓶に付し […]

  • 2020年10月7日
  • 2020年10月7日
  • 0件

これを見て何を思いだしますか?

さて、これをみて何を思い出すか?というクイズです。 ・・・・さて、何でしょう? 以下、答えがあるので、考えてみよう!     さて、これについては、一応以下のような問題があるようです。 この画像はある会社が運営するお店の設備やお店で販売する商品の図柄の一部を抜き出して加工したものです。元々の図柄では,円の中心部分に絵があり,緑色の輪の部分には会社名が特定できる白い文字が表示され […]

  • 2020年7月21日
  • 2020年7月21日
  • 0件

船舶事件(知財高裁R02.07.02 令和元年(行ケ)第10080号)

概要 126条第5項の訂正要件は、直前の範囲で判断し、出願当初に記載していないかは関係がない。 判例 特許法126条5項は,「第1項の明細書,特許請求の範囲又は図面の訂正は,願書に添付した明細書,特許請求の範囲又は図面(同項ただし書第2号に掲げる事項を目的とする訂正の場合にあつては,願書に最初に添付した明細書,特許請求の範囲又は図面(外国語書面出願に係る特許にあつては,外国語書面))に記載した事項 […]