注目キーワード
CATEGORY

商標法

  • 2022年11月4日
  • 0件

東京地裁 R04.10.25 芸術センター事件

商標権の使用許諾に対するライセンス料について争われた事件です。 「東京芸術センター」「神戸芸術センター」「福岡芸術センター」の登録商標の使用について、使用料の請求に関するものです。 最終的な結論としては、使用許諾契約の事実が怪しいということ、また、一部登録商標を使用しているけれども、権利濫用と判断され、使用料相当額の請求も認められなかったものです。 その中で、商標の使用について、建物の看板(入口等 […]

  • 2021年7月15日
  • 2021年7月15日
  • 0件

「夢」事件(平成31年(ワ)第8117 東京地裁R03.06.28)

最近の知財判例から。 原告Xは「広告及び宣伝業,印刷物の企画及び製作販売,出版物の編集,製作,発行販売等を業とする株式会社」です。 被告Yは「酒類の製造及び販売,観光用土産品の販売,農水産物の加工販売,清涼飲料水,嗜好飲料及び食料品の販売等を業とする株式会社」です。 原告Xは「夢」(標準文字)、指定商品「日本酒」の登録商標を有しています。 被告Yは日本酒に「夢」と印刷されたラベルを日本酒の瓶に付し […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月8日
  • 0件

第三者の使用と不使用取消審判

知財高裁(R02.01.28) 令和元年(行ケ)第10078号 フランスの商標権者の登録商標「AROMA ZONE」が日本で販売されていないとして不使用取消審判が請求されました。 審判段階では応答しなかったため、そのまま商標は取り消す旨の審決がでましたが、審決等取消訴訟で争う姿勢を見せた事件。 商標権者は日本で販売せず。ただし、ランジュビオというフランス在住の日本人Aが運営するオンラインショップで […]