短答本試験、お疲れさまでした

四法対照について

ゆうしゃ
この時期に発売されている新しい四法対照は、調達してそちらを新しくメインで使うべきなのですか?今使っているものは、一定書き込みしてありますが、改正されているところもあると思うので、どうするのがいいんだろうかと思っています

四法対照って、この時期にでるので悩ましいですよね。
落とし込み自体は、実は「条文を過去問を題材に読む」ことが一番の効果です。
なので、落とし込みをしたこと自体が力になっているので、新しい物を買ってもいいと思います。
また、どうしても今使っている四法対照が気に入っているなら、改正法のところに「改正あり!」とメモ書きをすれば良いと思います。

なお、もしも・・・もしも自分が受験生だったとしたら、自分は買うと思います。
それで、新しい四法対照には、新たなポイントとか、これポンとかをちょこまかこれ問を使いながら記載すると思います。
(当然、勉強として使える時間にもよります)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住の弁理士。平成14年登録。
専門は特許(特にソフトウェア特許、画面UI、システム)。
LECで弁理士関係の講師。

目次