短答本試験、お疲れさまでした

短答ゼミについて

明日から短答ゼミが始まります。
参加される人(参加予定の人)、宜しくお願いします。

教材が大量にあるのですが、ほぼ直前の自宅学習用です。
特に年度別過去問については、毎週の課題用になっています。
この時期は、直前の「わからないこと」をあぶり出すことが必要です。
毎週課題として年度別を1~2年分解いてもらい、解らないところをフォームで質問するという流れになります。

あと、四法ハイライト(だったけな)という教材は、四法のこれポンだけを集めたテキストです。
これポンは過去問で2回以上問われている論点に関する問題です。
特に問題を1問ずつ抽出しているので、直前期は
この1問1答集を繰り返せば、必須問題の論点を潰すことが可能です。

なお、このとき問題を解くのではなく「何のこれポンを聞いているのか?」を思い出すようにして下さい。
必須論点を意識することで、本番で初めてみる問題に対応することができます。

短答ゼミは、今週から直前の5/11までの8回になります。
短答試験の勉強のペースメーカーとして利用してもらえるとよろしいかと思います。

なお、講義の中で使う橋座は四法これポンだけです。
それ以外はお持ちいただかなくて問題ありません(当然法文集はお持ち下さい)

なお、講義中は問題演習があります。
Zoomの人はPDF配布等になりますので、ご対応お願いします。
今日の夜自分は作ります。

あと、講義後(休み時間中)は次回から帰れませんあります。
範囲は宿題の過去問の範囲を考えています。

今年の弁理士の短答試験。
絶対合格しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住の弁理士。平成14年登録。
専門は特許(特にソフトウェア特許、画面UI、システム)。
LECで弁理士関係の講師。

目次