短答本試験、お疲れさまでした

秋講座(論文1&短答解法1)

今日は秋の講座でした。
前半の講座は論文を1通書いてもらいました。
やはり「実際に書いてみる」ことで解ることがたくさんあると思います。

まだまだ「先は長い!」と思います。
ただ、一歩ずつ進んで行くことが大切です。

そして、勉強で一番大切なことは「継続すること」です。
講義の中でも言いましたが、後ろ向きな理由で休みがつづくと、どうしても勉強が続きません。

もし解らないと思ったら、「いまはどこができればよいのか?」を必ず確認していきましょう。

できないのが当然です。
みなさん、引き続き頑張りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住の弁理士。平成14年登録。
専門は特許(特にソフトウェア特許、画面UI、システム)。
LECで弁理士関係の講師。

目次