注目キーワード
短答試験お疲れさまでした

渋沢栄一の本

毎日ブログを更新するぞ!と思ったのですが、中々続かないものですね。

何か毎日色々なことに追われています。
といいつつ、結構無駄な時間が多い心証です。
もう少し家に帰ってからの時間を有効活用したいです。

さて、今日は中野に収録で行ったのですが、途中本屋にプラット寄ったらこんな本があったので買ってしまいました。

東京人別冊

今度1万円札になり、そして大河ドラマの主人公にもなる「渋沢栄一」さんの本です(東京人の別冊です)

テレビでは渋沢栄一というと、生誕の地である深谷が取り上げられることが多いです。
しかし!晩年は東京都北区にある飛鳥山の裏に住んでいました。
なのですが、あまり取り上げられることもないです。

深谷市がやっている渋沢栄一記念館は、深谷市が平成7年11月11日にオープンしたものです。
それに対して北区にある渋沢栄一記念財団がやっている渋沢史料館は昭和57年にオープンしたものです。
(まだ飛鳥山にタワーがあった頃でした)

この渋沢史料館は、昔「元気が出るテレビ」で高田純次さんが来たことがありました。
このとき、友達がいたずらをしようとして見つかり、警備員にガチで怒られていた思い出がある位ですけど・・・

学校でもあまり教わった記憶はありません。
玉川兄弟はガッツリ記憶にあるのですけどね(都民あるある)

そんな北区にいくと、こっそり「23区内で初の大河!」ってポスターが貼っていました。
もともと北区はかなり地味な区です。

今年は北区も多く取り上げられると良いなと思っています。

雑記の最新記事