めがねめがね

  • 2020年6月30日
  • 2020年6月30日
  • 個人

めがねめがねと言っても
横山やすしではありません!

年代が解ってしまう書き出しからスタートしてしまった夜中の記事更新です。

お笑いは割と好きな方ですが、最近の第七世代の良さがいまいちピンと来ません。
年代のギャップを感じてしまっています。
唯一カミナリは好きです。2人とも面白いなと思っています。
でも、どこか昔風の漫才ですよね・・・

お笑いといえば、最近、講義は開始時に拍手してます。
漫才の始めみたいなのですが(笑)
何か明るく始められるかなと思っているからです。

基本的に、講義のスタートは見ている人がテンション上がる演出を考えています。

他にテンション上がる演出って何だろう?
自分が一番テンション上がりそうなのは手品・・・
手品!

手品からスタートとかも良いかもしれません。
法文集を中に投げたら「スパッ!」と「短答アドヴァンス」に変わってしまう

かっこいい・・・!!!

昨年の合格者にマジシャンがいたので、今度教えてもらおうかな。

でも、手先が不器用だから、自分には無理でしょう。
残念です。

そんな話ではなく、メガネメガネ。

先週メガネを買いました。
どうも近くが見にくいので、中近用に1つ買いました。
今、遠近用だけでなく、中近用ってあるんですよ。
パソコンも公報も見えやすい!
知ってましたか!・・・と、知らないの自分だけな気がします。

さて、今回のメガネのフレームは
なんと・・・あこがれのチタンフレームです!!!

なぜ、チタンフレームがあこがれかというと
昔、沈黙の艦隊という潜水艦の漫画がありました。
この中で、潜水艦がチタンでできているという話がありました。

深海では傷一つ許されない世界!
傷一つが命取りになってしまう。
だからこそ世界一固い金属!

そういって、海江田艦長がナイフでガリガリと「やまと」と傷つけていくシーンは感動でした
(傷一つ命取りになると言っていたのに・・・)

そこから、自分のなかではチタン=あこがれの金属です
ということで、自分のメガネは潜水艦なみに強いメガネになりました
(だけど、中近用なので、使うのは仕事中だけです)

それにしても、メガネって難しいですよね
度数合わせが難しい・・・

「どっちが見やすいですか~」

って何回も聞かれるけど、解りません・・・
どっちも同じに思ってしまいます

これって「メガネ屋さんあるある!」ですよね

ということで、今回のメガネも
「これでよかったのか?」
と自問自答中です

夜中なので、たまには関係ない話をだらだら書いてみました

個人の最新記事