短答本試験、お疲れさまでした

弁理士試験統計(短答)

特許庁から弁理士試験の統計がでました。
最近は試験後に出ている状況です。

受験者全体 初回受験者
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
令和4年 2754 284 10.3% 687 74 10.8%
令和3年 2686 304 11.3% 857 75 8.6%

全体としては合格率も下がっているので、やはり難しかったと思います。

ただ、注目するのは「初回受験者」の合格率は上がっているということです。

個人的な感想ですが、短答受験経験者の方が、見慣れない問題に動揺したり、考え過ぎて間違えている場合があります。
本試験は魔物が住んでいるとは良く言うのですが、この「考え過ぎて間違える」というのが結構厄介です。

例えば、模試や過去問だと、単純に「場合はないな」と思えるのが、本番だと「ひょっとしたらあるんじゃないか?」と、逆を考えてしまうことがあるためです。
また、GIマークのように、問題としては難しくない(GIマークを無視しても答えだけは出せる)のですが、本番だと動揺して間違えてしまうということです。

平均的にみれば、初回受験者の方が勉強時間がとれていたり、理解が深いということは考えにくいと思います。

淡々と答えを出すというのが、とても大切だと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住の弁理士。平成14年登録。
専門は特許(特にソフトウェア特許、画面UI、システム)。
LECで弁理士関係の講師。

目次