注目キーワード
短答試験お疲れさまでした

がんばれ受験生

いよいよこの日が来てしまいました。
短答試験まで、もうあとわずか!
ここまで来たら、逆に落ち着きましょう。

「解らない問題がでるかも?」と思っている人・・・それは間違えています。
そもそも本試験は「見たことがない問題」しか、ほぼ出題されません。
知っている問題なんてないと思ってください。

しかし・・・それは見え方を変えているだけです。
解けたかどうか不安になりますが、結果として過去問の論点が繰り返し出ています。
なので、読んで解らない問題がでても焦らないでください。
「こんなの、簡単だぜ!」って思っている受験生は殆どいません。

さて、最後の土曜日ですが、下三法はギリギリまで頭に入りますので、しっかり確認しましょう。
特にPCTの流れはちょー重要です。
頭に焼き付けてください(ちなみに、審判の流れもです)

これポン!の範囲が結局繰り返し問われているところです。
少なくとも、四法はこれポンを押させれば合格点に到達できるはずです。
最後は手を広げず「解るはずの問題」を落ち着いて確認して下さい。

短答過去問の解説(色が変わっている部分)だけを読み直すのも有効です。

そして最後に・・・体調管理を万全にして下さい。
ここまで来て体調崩したら悲しいですからね。
無理をせず、万全の体制で試験に挑みましょう。

といっても、土曜日がまだあります。最後に頑張りましょう!

弁理士試験の最新記事