注目キーワード
短答試験お疲れさまでした

請求項毎の放棄について

  • 2021年9月12日

特許権ですが、特許権は請求項毎にあるものです。
したがって、請求項毎に放棄は可能です。
これは、185条で特許権は請求項毎にあるという規定があり、この中で98条1項1号が準用されています。
また、98条1項1号は特許権の放棄による消滅が登録による効果があると記載されているためです。

なお、特許権の放棄は、「特許権の権利の放棄による登録の抹消」という手続を行います。
このとき、請求項の一部放棄は、特許権の一部抹消という手続を行います。

特許サイトより

ここで、「一部放棄に係る項目」において、放棄する請求項を特定します。

未分類の最新記事