注目キーワード
短答試験お疲れさまでした

今の時期の勉強

来週から個別相談もあります。
宜しくお願い申し上げます。

さて、いくつかご相談を受けていますが、今の時期は「口述の勉強」をするようにして下さい。
論文試験は相対評価であり、書けていないと思っていても合格することは十分あります。
明確に点数がでる短答試験とはその点が大きく異なります。
したがって、結果はでるまで分かりませんので、今の時点で「失敗した」と判断するのは早計です。

なので、再現答案を作成した場合であっても、今の時点ではできているかどうかは判断するのは難しいです。
結果から逆算して、何が原因かは推測することはある程度可能ですが、1つの答案だけみて判断するのは難しいです。

現に今まで問題を誤って飛ばした人、記載が圧倒的に足りなかった人、特許庁論点を落とした人でも合格している場合があります。
発表後に「受かってた!まずい」となるのが一番問題です。

なので、個別相談においても、口述試験についての学習法とかになるかと思います。
答案を提出している以上、今の時期は口述に進んでいるという前提で勉強をするべきです。

したがって、再現答案を送って頂いている方もいますが、相対位置が解らない以上、自分の方としては評価すべき状況ではありません。
今は口述試験の勉強をして頂くのが一番良いと思いますので、気持ちを切り替えて口述試験の勉強をして下さい。

 

勉強法の最新記事