注目キーワード

情報処理技術者試験の申込みについて

春の情報処理技術者試験の申込み締め切りが2月8日(月)18時までです。

試験日は4月18日(日)実施となります。

情報処理技術者試験ですが、選択科目の受験が必要になる人は、情報処理技術者試験に合格すれば選択科目免除を利用可能です。
免除がない人は特に受験をお勧めします。

まず、今から弁理士試験を始める(勉強をはじめたばかりの人)は少し時間が余裕があると思いますので、是非受験して下さい。
秋試験も含めて、来年の受験に十分間に合います。

また、今回の論文試験で残念な結果となってしまった人。
次の論文試験までは少し時間がありますので、この時期に情報処理の勉強をするのはよろしいかと思います。
確かに今度の試験には利用できません。
しかし、情報処理の試験自体は免除だけのためではなく、合格後にも持っていること自体は有利です。
したがって、是非受験を検討した方がよろしいかと思います。

難しいのが今年短答試験がある人です。
短答試験が夏までずれていますので、時間が取れるのであれば情報処理技術者試験を受けた方が良いと思います。
今回受験することで、秋試験での感覚もつかめると思います。

色々と悩むところですが、申し込んで受験しなくても良いですが、申し込んでいなければ「やはり受けてみよう」ということもできません。
保険をかけるという意味で、申込みだけをまずはしてみるのも良いと思います。

ちなみに、自分はいつも勉強時間が取れず、高度の情報処理技術者試験は申込みだけしています(残念)